読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捫参記

Невозможное сегодня станет возможным завтра.

ロシア・シベリア留学一週間まとめ(初日編)

みなさまお久しぶりです.無事イルクーツクに到着し,留学生活をスタートさせました.初日からどのような動きでここまで来たのか,どのような手続きがあったのかをまとめているブログが少ないので,参考のためにもまとめておこうと思います.(長いので分割して掲載します)

まず,初日は成田13:55発ハバロフスク17:30(現地時間)着のシベリア航空(S7)に搭乗しました.機内食はライス,パン(炭水化物多め),トマト,味付けが濃くて美味しかったです.
f:id:nogi_planetes:20170215180952j:plain
ハバロフスクに着くともう夕暮れの時間,ここで入国審査を通ることになります.入国審査といってもパスポートを見せて,ミグラツィオンナヤ・カルタ(要するに入出国カード)にサインをするだけです.そのあと手荷物を受け取り,機械に通したら外に出られます.ただし,国際線から国内線への乗り換えは一旦外に出る必要があります.そのため最初は混乱するでしょう.
f:id:nogi_planetes:20170215181318p:plain
国際線ターミナル(小さい)を出ると,タクシープールのような広い駐車場があるので,そこの脇を直進します.ここで白タクの怪しいおっさんが声をかけて来ますが無視しましょう.管制塔と思われる建物を迂回すると,立派な国内線ターミナルが見えて来ます.国内線ターミナルの入り口では手荷物検査があるので注意してください.
f:id:nogi_planetes:20170215180917j:plain
無事国内線ターミナルに到着した後,SIMカードの調達を行いました.入るとチェックインカウンターの横に携帯ショップがあるので,ここで調達できます.店員のお兄ちゃんはやる気なさげですが,ちゃんと対応してくれるので大丈夫です.調達が終わったらチェックインカウンターで搭乗券を発行してもらいます.保安検査場は入って右側にあります.バーを通過するときは必ず音がなるので気にしなくて大丈夫です(意味あんのか?).お姉さんが身体検査をして来ます.そのまま搭乗ロビーに繋がっているので,おとなしく待ちましょう.ここまでの注意点としては,ハバロフスク空港の場合喫煙所がターミナル入口にしかないので,愛煙家の皆様は入る前に一服しておくことです.

ハバロフスク21:20発イルクーツク23:05(現地時間)着のオーロラ航空に搭乗すると,新聞が配られます.ここでガゼータを受け取って読んでいるフリをしておくと,日本人だと悟られない?のでオススメです.機内食もちゃんと出ます.こちらは肉がメインで白パン・黒パンのセット.ディナーといった感じで美味しいです.
f:id:nogi_planetes:20170215180915j:plain
さて,イルクーツクに到着するともう深夜.到着ロビーまでの道では「official taxi」と書かれた黄色い札を首から下げた連中がいますがこれもガン無視してください.official(自称)というやつです.送迎を呼ぶのがベストですが,万が一呼んでいない場合はmaximなどのタクシーを呼べるアプリを使用して呼ぶと正規のタクシーに乗ることができトラブル回避ができるのでオススメです.
f:id:nogi_planetes:20170215180909j:plain
さて,一日目は移動で終了です.僕の場合は市内中心部のアンガラホテルに宿泊しました.設備も整っていて,英語も使用できるので快適です.一つアドバイスがあるとすれば,深夜にキーロフ広場でドリフトの練習をしている輩がいるので耳栓があるといいかもしれません.
f:id:nogi_planetes:20170215180902j:plain
明日はイルクーツク大学の国際本部の方とご対面,初日からテストという過密スケジュールですが,それは次編で.